緑の党連続セミナー:気候危機とコロナ危機新しいシステムを求めて 参加案内

コロナ危機は気候変動の危機と通底していて、現代文明—科学技術による自然征服、巨大都市の人口集中、成長、開発のあくなき追及、無制限のグローバル化—を根底から問い直す問題と言えます。
緑の党ではすばらしい講師を招いてオンラインでの連続セミナーを企画しています。

第1回6月13日(土)14:00~15:30
新型コロナ災禍から我々が学ぶべきこと
五箇公一さん:国立環境研究所、生物・生態系環境研究センター室長、
著書『終わりなき侵略者との闘い』など
第2回6月21日(日)14:00~15:30
スウェーデン政府与党が語る・コロナ対策の方針と課題
ジャニーン・アルム・エリクソンさん:緑の党の国会議員団代表
第3回6月28日(日)14:00~15:30
ポスト資本主義とグリーンニューディール
齋藤幸平さん:大阪市立大学准教授、専門は経済思想
第4回7月11日(土)14:00~15:30
コロナ対策で露呈した雇用、生活保障の問題点
藤田孝典さん:生存のためのコロナ対策ネットワーク共同代表、
著書に『下流老人』など
第5回7月25日(土)16:00~17:30
公正な税制とグリーンリカバリー
岸本聡子さん:トランスナショナル研究所(オランダ・アムステルダム)

各90分  参加費無料
参加申し込みは、緑の党グリーンジャパンのホームページ
会員、サポーターでなくても無料で参加できます。
ぜひ会員・サポーター以外のお知り合い・友達にも声をかけてみてください。

今回のコロナショックが社会の姿を激変させつつあります。感染の第2波、第3波が襲来することは避けられませんが、コロナ・ショックをきっかけに何を、どう変えていくべきかの議論が始まっています。
私たち緑の党も、この連続セミナーを通してみんなで考えていきましょう。